<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

なんと!ゆうちょ銀行振込手数料(ATMのみ)無料1年延長!   

今月いっぱいでゆうちょ銀行の振り込み手数料(ATMに限る)無料が終了・・・と思い込んでいましたが、ブルーベアさんからいただいた情報で、1年延期になっていたそうです。
まったく知らなかったのでビックリしました。ゆうちょサイトではそのお知らせページも見当たりませんし・・・でもお客様にはとっても嬉しいお知らせですね!

ゆうちょ銀行 お振込み手数料など
http://www.jp-bank.japanpost.jp/ryokin/rkn_furikae.html

というわけで、 平成21年9月末まで、ゆうちょ銀行振込手数料(ATMのみ)無料!です。


アロマ&ナチュラルライフboncuk(ぼんじゅ)
http://www.boncuk.jp/

※メールマガジン読者だけのお得情報もございます!ぜひメルマガご購読を
[PR]

by boncukblog | 2008-09-29 17:02 | ★業務連絡・おしらせ

母乳せっけんオーダー、混雑してきました   

今週頭より再開した、母乳せっけんオーダーですが、注文多数で混雑してまいりました。
まだオーダー一時停止までにはいたりませんが、秋はイベント出店ともかさなり、制作スケジュールがタイトな時期でもありますので、納品がやや遅れ気味になることも予想されます。
どうぞよろしくお願いします。

母乳せっけんオーダーページ
http://www.boncuk.jp/order.html
c0133721_10151541.jpg


アロマ&ナチュラルライフboncuk(ぼんじゅ)
http://www.boncuk.jp/

※メールマガジン読者だけのお得情報もございます!ぜひメルマガご購読を
[PR]

by boncukblog | 2008-09-26 17:50 | せっけん

アジアフォーカス(福岡国際映画祭)   

毎年9月の福岡はアジアマンスというアジアをコンセプトにしたいろんなイベントが行なわれます。アジアフォーカス福岡国際映画祭もそのひとつ。
毎年、国内で劇場公開されないようなレアな作品が届けられます。今年はいつも以上に「あれも見たい」「これも見たい」という作品が多く出品されていました。

c0133721_15265286.jpg
生きていく日々 
(原題:天水圍的日與夜)
→公式サイトなし
監督:アン・ホイ
出演:リョン・チョンルン、パウ・ヘイチン、チャン・ライワン

天水圍の団地に暮らす母と息子。母はスーパーマーケットの青果売り場で働く、夏休み中の息子は家でゴロゴロ。そんな親子が同じ団地に住む一人暮らしの老女と出会い・・・という、ある家庭の、ある平凡な夏休みのお話です。調べてみると、天水圍というのは香港でも住宅がかなり密集した大型団地エリアだそうです。
本当の日常にそれほど大きなドラマはない、それを描くのは難しいという言葉のとおり、最初の15分くらいは親子の日常が淡々と映し出されます。退屈なほどに。それがむしろドキュメンタリーから徐々に起こっていく物事をリアルに浮かび上がらせます。
ひとりで暮らす老女のとてつもない寂しさ、幼いころから働きづめでお金と愛をひとに注ぎ続け生きてきた母親、なにも興味を持たないような息子の実は暖かい想い・・・。感情を抑えて描かれるだけにほんのわずかな演出にグッときます(暗い部屋でひたすらご飯だけ作っている老女のシーンや、亡き夫のジーンズをキレイにたたんで捨てるところなど・・・)
アクションや笑いやグルメ(余談ですが、ひたすら炒め物なんですね、一般の食卓は(笑))や美女は出てこない、ごくリアルな香港の姿です。とてもとてもゆるやかな映画で、なぜか深く心に残りました。秀作です、たぶん今年観た映画の中で3本の指に入るくらいの好みの映画です。★4つ半。

c0133721_15381958.jpg
神に誓って 
(原題:Khuda Kay Liye)
→公式サイト
監督:ショエーブ・マンスール
出演:シャーン、イーマーン・アリー


この映画を説明するのはとても複雑です。パキスタン映画ですがいわゆるロリウッドなどと言われる踊りや歌の明るい映画ではありません。イスラム移民二世の結婚問題、宗教・・・また、911後にパキスタン人にふりかかったさまざまな出来事を描いた問題作で、米国の映画評サイトをみても非常に評価の高い作品でした。また、今回のアジアフォーカスで観客賞を受賞した作品でもあります。
パキスタン・ラホールの裕福な家庭に育った兄弟、ふたりは音楽の才能に恵まれデュオで活動をしていましたが、弟はイスラム(過激思想?)に傾倒していき音楽を捨ててしまいます。反対に、奔放で「宗教がなんだというのだ」という兄はアメリカへ音楽留学し、そのふたつに別れた運命はとても大きく変化していきます。
とてもとても長い映画で重たいですが、イスラムとは?を知りたいというひとにも非常にわかりやすいシーンがあり(イスラム宗教学者の演説のシーン)一見の価値はあります。ここでいろいろと書きたい!ということはたくさんあるのですが、私が表現ベタなもので、完全なネタバレになってしまうし・・・と中途半端なことしかかけずです。映画初監督作品らしいですが、このようなデリケートなテーマをよく作品にできたものだ、とそのことに非常に感心しきりです。
兄の結末には正視したくないほどでしたが、ラストで弟がターバンではなくキャップをかぶってアザーンを朗々と謳いあげたところに、あの穏健イスラム学者が語った本当のイスラムの姿があったような気がしました。★3つ半。
欧米公開版は1時間半に短縮されていたようですが、今回上映されたのは2時間半のたっぷりオリジナル版。正直長すぎてオシリと腰がいたかったです。


アロマ&ナチュラルライフboncuk(ぼんじゅ)
http://www.boncuk.jp/

[PR]

by boncukblog | 2008-09-25 15:55 | 番外★映画評

母乳せっけんオーダー受付中   

大変お待たせいたしました。
今季の母乳せっけんオーダーの受付を開始いたしました。

母乳せっけんオーダーページ
http://www.boncuk.jp/order.html
c0133721_10151541.jpg


アロマ&ナチュラルライフboncuk(ぼんじゅ)
http://www.boncuk.jp/

※メールマガジン読者だけのお得情報もございます!ぜひメルマガご購読を
[PR]

by boncukblog | 2008-09-22 10:16 | せっけん

映画「TOKYO!」   

ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノという、N.Y.、パリ、ソウルで活躍する3人の鬼才による、東京を舞台にしたオムニバス映画。東京の“今”をファンタジックに映像化する。(cinemacafe.netより)

c0133721_20104480.jpgTOKYO! 
(原題:TOKYO!)
→公式サイト
監督:ポン・ジュノ、ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス
出演:香川照之、蒼井優、竹中直人、藤谷文子、加瀬亮

あらすじ:
『インテリア・デザイン』――駆け出しの映画監督である恋人・アキラと一緒に上京してきたヒロコ。だが、なかなか期待通りの引越し先が見つからない上に、アルバイトもアキラだけが合格、夢にあふれる彼を横目に、ヒロコはだんだんと自分の居場所がないことを感じ始める…。
『メルド』――大都市・東京で、突如マンホールから一人の謎の男が地上に出現。彼の名はメルド。意味不明な言葉を発しながら、道行く人々に危害を加え始めた彼は、やがて手榴弾を渋谷の街に投げ込み、警察に拘束される・・・。
 『シェイキング東京』――東京のとある街で、10年間家を出ないまま、引きこもりの生活を続けている一人の男。ある日ピザを届けに来た美しい少女(蒼井優)と出会い、そんな彼の中の何かが揺れ始める・・・。(cinemacafe.netより)



バランスのよい3作の「東京」を舞台にしたオムニバス、退屈することなく一挙に観終えてしまう個性の三つ巴でした。

「インテリアデザイン」はそのタイトルがナゾでしたが「自分は誰の役にも立たず、何も夢がない」という主人公が変化したある姿になり満足げに「人生で今一番役に立っている!」というセリフが一番よかったです。なにかを成し遂げたり注目されたり頭ひとつ秀でたり・・・そういうことが大切なのか?いや、縁の下の力持ちのような星回りがその人にとってのベストな場合もある。うん、そのとおり。とてもシンプルに書いてしまいましたが、シュールな雰囲気の中にこめられたメッセージは本当にこんな単純なことなのではないかと思います。ヒロイン藤谷文子の魅力再発見と絶賛する映画ファンが多いようです。

二作目「メルド」。途中から、なにか70年代のウルトラマンシリーズを見ているような気分に・・・個人的には生理的にあまり好きではない(なぜか直視できない)のですが、メルドというフランス語の意味を考えると、私のこの感情こそがこの映画が伝えているものなのかと。ストーリーがどうとか不条理話とかそういうものではないです。でも、東京にはこういうバケモノが住んでいそうな・・・そんな気にさせるんでしょうか。

個人的には一番楽しみにしていた三作目。ガラスの仮面の北島マヤじゃないですが、演技で美しくも醜男にも賢くもおろかにも変化する素晴らしい俳優だと思っている香川照之さんがひきこもりの役です。神経質に整えられた古い家、ピザの空き箱、蒼井優のなにか言いたげな唇、演出のすべてが心地よかったです。あと、よくもまあ陽のある時間帯で、道路や街中での無人の画が撮れたなあ・・・とつい関心してしまいました。
東京というコスモポリタンでミステリアスなイメージの街からこんな物語を生みだした外国人監督たち、さぞ映画作りは楽しかっただろうなと思わせてくれました。星4つです。



アロマ&ナチュラルライフboncuk(ぼんじゅ)
http://www.boncuk.jp/

[PR]

by boncukblog | 2008-09-18 20:00 | 番外★映画評

母乳せっけん予約再開まぢかです   

夏季はお休みしている母乳せっけんの予約受付がそろそろ開始予定です。
しかし、通常のせっけん製作が大変たてこんでおりますため
まずはメルマガ読者様限定優先予約を開始予定です。

近々、ご予約受付優先のメルマガを(中旬には)発送いたしますので、ご希望の方はメルマガ登録をお願いします。

実は、すでに夏から多くのお客様からお問い合わせ・ご希望のメールをいただいておりますので製作キャパをこえると一旦予約を締め切る「かも」しれませんが、
なるべくお問い合わせいただく全ての方の製作ができるよう頑張ります。

予約開始までしばらくお待ちください。


アロマ&ナチュラルライフboncuk(ぼんじゅ)
http://www.boncuk.jp/

※メールマガジン読者だけのお得情報もございます!ぜひメルマガご購読を
[PR]

by boncukblog | 2008-09-13 15:13 | せっけん

夏は大作系   

8月は体調もいまひとつでなかなかブログにまで手が回りませんでしたが、さすがに夏休みむけの映画はいろいろと鑑賞しました。ほぼ「大作」といわれるものばかりです。

c0133721_1822128.jpgバットマンシリーズのダークナイトは長い上映時間を感じさせないスピード感と展開と練りに練られたストーリーに感動さえ覚えました。この映画の主役は間違いなくバットマンではなくジョーカー!ドンパチ激しい映画ですが、それはこの映画のテーマには必要不可欠。暴力的なシーンよりも切なさやともどかしい感情のほうが印象的な映画です。善と悪の対峙とはいえ、ここまで魅力的に悪を魅せる手腕はさすがハリウッドスピード。年に1度はこういうのをみるのも良いな~と思いました。(去年観た「デス・プルーフ in グラインドハウス」のはっちゃけぶりもすごいですが)これは映画館のスクリーンでみるべき映画のひとつです。

c0133721_18302020.jpgもちろん崖の上のポニョも見逃せません。レンタルが出るまで待てる映画、というのは「スクリーンで観る必要があるかどうか」そして「レンタルまで気長に待って旬を逃してもかまわないかどうか」だと思うのですが、やはり宮崎作品に関しては公開されたら観る、そしてその感想を映画ファンと語り合うという楽しさがあると思います。宣伝ではキャラとして可愛くないなぁと思っていたポニョのいきいきした動き、CGとはひとあじもふたあじも違うアニメーション(千と千尋と見比べてビックリ)、なんで海の子を水道の水をいれたバケツにいれて生かせるの?などヤボなつっこみは何の意味もありません。ストーリーは単純すぎる展開で、いままでの宮崎作品ではトトロ以上にシンプルな気がします。ぜひお子様連れで行って欲しいです。

c0133721_18325924.jpgかなりの広告出稿量でPRしているデトロイトメタルシティは、松山ケンイチ主演というのを聞いて見に行くのを決めました。ほんとに汚い言葉が出まくりなのですが、とにかく笑えます。そして松山ケンイチという俳優のふり幅の広さを思い知った映画です。フレンチポップのアーティストになりたかったのに、なぜかデスメタルバンドのボーカルに・・・という設定だけで十分面白いのに、そこにどうやって肉付けしていくのか興味しんしん。ちょっと話がブツギレになりがちなのはマンガ原作の影響でしょうか。もう少し田舎での話をタイトにしてまとめるほうが個人的には好きです。

c0133721_18414335.jpgドラマはまったく見ておらず、映画の公式サイトで人物相関図を頭にいれて鑑賞したのがセックスアンドザシティ。驚くことに何年ぶりかに満員状態の客席の姿をみました。ほとんどが20代~40代女性、たまにカップル。男性のみの観客は皆無というのもこの映画のテーマを物語っています。ドラマをみていない私でも完全に楽しめるストーリー展開、むだはひとつもありません。NYアッパークラスのありえそうもない、でもたぶん実際にいるであろう人生を謳歌する40代女性たちの1年。要所要所にでてくる脇役(ゲイの友人、セントルイスのルイーズ、タクシーの運転手など)も本当にいい味をだしています。単純明快、わかりやすく、ハリウッドらしいハッピーエンドぶりに苦笑しながらも「モヤモヤしてるときにみるとスカッとなるかも」と感じました。

ほかはミニシアター系のものを数作品鑑賞しましたが、観ようかどうかまよっているのもありこれから秋に向けてまたいろいろとここで勝手に書いていこうと思います。


アロマ&ナチュラルライフboncuk(ぼんじゅ)
http://www.boncuk.jp/

[PR]

by boncukblog | 2008-09-11 18:46 | 番外★映画評

ゆうちょ銀行振込手数料<期間延期されました>   

郵便局民営化記念キャンペーン
ゆうちょ銀行・振込手数料無料(ATM利用のみ)期間が今月末で終了します。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/campaign/atmmuryo/cpn_atmmuryou.html

1年はアッ!という間でしたね。
ネットショップ運営側としてはとてもありがたいキャンペーンでした。郵便局民営化なんてついこないだのような気がしますが・・・。
というわけで、来月からはゆうちょ銀行ご利用のお客様のお振込みにも手数料がかかりますのでご注意ください。



無料延期されました!


アロマ&ナチュラルライフboncuk(ぼんじゅ)
http://www.boncuk.jp/

※メールマガジン読者だけのお得情報もございます!ぜひメルマガご購読を
[PR]

by boncukblog | 2008-09-03 17:06 | ★業務連絡・おしらせ